浜松町・大門駅そば浜松町メディカルクリニック(内科外来・脳ドックほか各種健康診断)へ
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

2015.10.24 インフルエンザ予防接種
インフルエンザワクチンが変わったのをご存知ですか?
インフルエンザワクチンは、世界保健機構(WHO)が翌シーズンの流行を予測し、様々なタイプのワクチン株から3種類を選び、これに基づいて製薬メーカーがワクチンを作っていました。
近年、インフルエンザの流行は、A型(H1N1)と(H3N2)に加えてB型(山形系統)と同(ビクトリア系統)の混合流行が続いて来た事から、2013年南半球シーズンよりこれら4価の接種が推奨されるようになりました。
日本をはじめとする北半球でも本格的に4価接種が勧められる事となり、本年のワクチンは昨シーズンまでのものよりも適応範囲が拡がりました。

重症化の防止が主な目的
インフルエンザ予防接種は、感染を予防するものではありません。
感染とは、ウイルスが鼻、口などの粘膜から体内に入り、増殖してしまう事。予防接種は感染によるインフルエンザの発症、または重症化を防ぐ目的とされています。

流行前に接種を!
予防接種を行ってから抵抗力がつくまで2週間がかかると言われています。本格的に流行する前に接種を受けるようにしましょう!!

浜松町メディカルクリニックでは、毎日インフルエンザ予防接種を行っています。


投稿者 医療法人社団生栄会 (11:00) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :